• トップ
  • 掛物
  • 【茶道具・色紙】前田昌道和尚・・富士に松自画賛色紙「白雲流水清」

【茶道具・色紙】前田昌道和尚・・富士に松自画賛色紙「白雲流水清」

商品名 : 【茶道具・色紙】前田昌道和尚・・富士に松自画賛色紙「白雲流水清」

価格 : 12,300円(税込)

数量 :

 6千円以上は配送料無料


▼ 商 品 説 明 ▼
項目 説明
商 品 名 昌道和尚・富士に松自画賛色紙「白雲流水清」
画・賛 前田昌道和尚
状 態 和尚題字タトー入
備 考 白雲流水清・・・白雲も流水もともに無心であり、一切の縦跡を残さない清々しさがある、ということ。(茶席の禅語大辞典 淡交社刊)

大徳寺塔頭・瑞峯院住職 前田昌道和尚
昭和14年 和歌山県生まれ
昭和34年 古川大航を本師とし得度
昭和36年 円覚僧堂に掛塔し、朝比奈宗源に参禅
昭和40年 瑞峯院副住職、九年後に住職就任

大徳寺塔頭・瑞峯院
室町時代後期、九州の豊前・豊後地方の領主であった大友宗麟が大徳寺の徹岫宗九禅師に帰依し開祖として創建した寺院
天文4年(1535)に建造された瑞峯院の方丈は、、室町時代の禅宗方丈建築を残す貴重な存在で、国の重要文化財に指定されいる。

塔頭(たっちゅう)
禅寺で祖師や大寺・名刹の高僧の死後、その弟子が師の徳を慕って、塔(祖師や高僧の墓塔)の頭(ほとり)、または、その敷地内に建てた小院のことをいう。寺院の敷地内にある、高僧が隠退後に住した子院のことも「塔頭」と呼ぶようになった。

▼ 送 料 説 明 ▼
項目 説明
送料 送料込 (クロネコヤマト便予定)
ご注意・お願い 特別のご指定が無ければクロネコヤマト便で
送料当社負担にてお送り致します。