陽炎園・・膳所焼 灰釉糸巻蓋置

商品名 : 陽炎園・・膳所焼 灰釉糸巻蓋置

価格 : 14,400円(税込)

数量 :

 6千円以上は配送料無料


▼ 商 品 説 明 ▼
項目説明
商 品 名膳所焼 灰釉糸巻蓋置
作 者陽炎園
高さ×幅 (センチ)5.2×5.0
状 態作者共箱・外箱(化粧箱)付
備 考

この作品のように、糸巻の形もしくは絵の描かれた茶道具は、

織姫にちなみ七夕に使われることが多いようです。

しかし糸を紡ぐという作業は、たとえば秋の夜長、

また冬の農閑期が適している季節のようにも思います。


膳所焼 (陽炎園)
江戸時代初期・寛永年間に膳所藩主石川忠総が小堀遠州の指導で

窯を築いた。 遠州七窯のひとつ。一時廃窯になったが、

大正八年、岩崎新定が山本春挙画伯と計り再興した。


▼ 送 料 説 明 ▼
項目説明
送料送料込(クロネコヤマト予定)
ご注意・お願い特別のご指定が無ければクロネコヤマト便で
送料当社負担にてお送り致します。