長谷川大真和尚・・一行「行雲流水」

商品名 : 長谷川大真和尚・・一行「行雲流水」

価格 : 0円(税込)

数量 :

 6千円以上は配送料無料


▼ 商 品 説 明 ▼
項目 説明
商 品 名 一行「行雲流水」
書 付 長谷川大真和尚
高さ×幅 (センチ) 173.0×34.0
状 態 正絹表装・和尚共箱・ 外箱(化粧箱)付
備 考 行雲流水(こううん りゅうすい)・・雲が風にまかせて移動し、水が滞りなく流れる様子。執着のない自由な心境。禅の修行僧を雲水と呼ぶのはここから出ている。

大徳寺塔頭・三玄院住職 長谷川大真和尚
昭和32年 生まれ
昭和36年 駒澤大学仏教学部卒業相国僧堂に掛塔
平成9年  大徳寺塔頭。三玄院住職に就任

大徳寺塔頭・三玄院
大徳寺の塔頭・三玄院は1598年に、石田三成、浅野幸長、森忠政が春屋和尚を開祖として建立。沢庵和尚や千宗旦の修道場ともなり三成、忠政のほか古田織部や薮内剣仲らの墓がある。

塔頭(たっちゅう)
禅寺で祖師や大寺・名刹の高僧の死後、その弟子が師の徳を慕って、塔(祖師や高僧の墓塔)の頭(ほとり)、または、その敷地内に建てた小院のことをいう。寺院の敷地内にある、高僧が隠退後に住した子院のことも「塔頭」と呼ぶようになった。


▼ 送 料 説 明 ▼
項目 説明
送料 送料込 (クロネコヤマトもしくは佐川急便予定)
ご注意・お願い 特別のご指定が無ければクロネコヤマトもしくは佐川急便で
送料当社負担にてお送り致します。